1. 発熱患者さんや新型コロナ感染症を危惧されている患者さんへのお知らせ

奈良県では独自に「発熱外来認定医療機関」という制度が創設されています。この認定を受けると新型コロナウイルスの検査(PCR)を自院で行うことが出来るようになります。しかし、当院は「発熱外来認定医療機関」認定を受けていません。「発熱外来認定医療機関」への受診をお勧めします。

  • 奈良県ホームページに公表の医療機関は下記公式ページ最下段に掲載されています。
    奈良県ホームページ>
    また、発熱等の症状がない場合でも、感染の不安のある方は、「新型コロナ・発熱患者受診相談窓口」への電話相談をお勧めします。
  • 奈良県庁内「新型コロナ・発熱患者受診相談窓口
    電話番号:0742-27-1132(平日・土日祝日も24時間対応)

2. 当院の現状について

現在、日本全国で新型コロナウイルスの感染症患者数が急激に増加してきています。さらに、インフルエンザウイルスの感染症が広がり出す時期になっています。それで、当院の感染対策をお伝えするとともに、当院でできることできないことをお示ししたいと思います。
どこの医療機関でも同様だと思いますが、当院に通院してくださる患者さん達にはもちろん、新たに当院を信頼して受診しようとしてくださる患者さん達にも、その症状がどのようなものであれ、診ていきたい、と言う思いを持っています。
しかし、残念ながら、明確な治療法がまだ確立していない新型コロナウイルスの感染症(以下、新型コロナ感染症)の診療に関しましては、そうでない患者さん達への安全を確保しない(或いは確保出来ない)状態で受け入れるのは、結果的に多くの患者さん達に感染を広げ多大なご迷惑をおかけすることが予想されます。

3. 発熱患者さんは受診については「発熱外来認定医療機関」の受診をお勧めします。

当院では感染者だけを診る隔離室を用意できないだけでなく、入り口が一つしか無いために結果的に感染されている患者さんもそうでない患者さんも同じフロアで待っていただく状況であることを考えまして、奈良県が独自に設定しています「発熱外来認定医療機関」には対応できないと考えました。
仮に現在の状態が微熱程度であっても、昨年から初めて世の中に出現した新型コロナ感染症にかかっている可能性は否定できません。そのために、まず「発熱外来認定医療機関」に受診して新型コロナ感染症に感染しているのか感染していないのか、検査されることをおすすめします。「発熱外来認定医療機関」に認定された医療機関では新型コロナ感染症の検査(PCR検査等)を自院で行う事ができるからです。

4. それでも、「どうして良いか分からない」と不安な患者さんについて

当院は感染の危険性のある患者さんを、そうでない患者さん達と区別して診るには不十分な医院構造をしていますので、感染の危険性のある患者さんの診療はお受けできませんが、それでも「どうして良いか分からない」とご不安な患者さんがおられましたら、「新型コロナ・発熱患者受診相談窓口」に電話相談されるか、当院に相談される場合は、来院しての相談ではなく、お電話をしていただきますよう、お願いします。

5. 当院の感染対策

新型コロナ感染症の患者さんの中には、「発熱の無い疲労感も感じない全く症状のない感染者」が報告されています。そのため、発熱など感染を疑わせる症状はなく、いつもと同じような症状で通院されている患者さんの中にも<ご本人も気づかぬ間に>感染されている可能性はゼロではありません。
当院では、こういった現状を考えまして、ドアノブや取っ手、椅子、などの清拭消毒を徹底するだけでなく、院内の湿度をできるだけ60%以上に保つように加湿空気清浄器を待合室・診察室・処置室・放射線検査室・受付、全てに常時稼動させています。12月下旬には待合室の空気清浄を徹底するためにクリーンパーティションを設置いたします。

以上、発熱患者さんに対して、当院で対応出来ず大変申し訳なく思っておりますが、院内の感染予防には最大限の対策を講じることで、受診してくださった患者さん達にできるだけの安全対策を行うように努力しています。
以上、院長からの当院を受診される患者さん達へのお知らせです。

院長 大前利市(令和2年(2020年)11月24日)