奈良駅・新大宮駅近く・内科・脳神経内科(神経内科)『おおまえ医院』。風邪等の一般内科、痺れ、眩暈、力が入らない、ふらつき、体のこわばり、ふるえ、痛み、頭痛、認知症、涎が出る、しゃべりにくい、飲み込みにくい等、ご相談ください。

3.歩きにくい

3. 歩きにくい … どんな場合?

人間は二足歩行ですから、安定して歩くためには、1) 二つの脚(股関節から足首まで)と足(足首から先まで)の筋力が正常であること、2) 二つの脚と足の柔軟さに左右差がないこと(左右同等であること)、3) 二足で歩けるように身体全体のバランスをとれていること、の三つの要素が少なくとも安定していなければなりません。そして、1) が成立するためには、麻痺がないこと・筋力低下がないこと、が必要です。ところで、2) の左右の脚と足の柔軟さ”とは「こわばりの無さ”を意味しており、パーキンソン病などでは左右の足や脚の柔軟さに違いが出てきて(一方にこわばりが出現する、ということ)歩きにくさにつながっていきます。最後に、3) が成立するためには、ふわふわ「フラフラ”する感じ(浮遊感)がないこと・目がグルグルまわらないこと、が必要ですが(6,7,8,をお読み下さい)、それだけでなく、身体の軸が安定している、ということも必要です。
例えば、首や腰の背骨(頸椎や腰椎)が圧迫骨折などで変形しており、結果として背骨が歪んでいたら、歩く時に片一方に体重が過剰にかかることになって歩きにくくなってしまいます。神経の障害ではないのですが、当院ではそういう場合の歩きにくさの改善について、外来で幾つかの工夫を指導・説明していますし、改善を得ています。さて、上記の説明から分かるように、「歩きにくい」症状に対しては、麻痺,筋力低下,左右の脚と足の柔軟さ,脊椎の歪み、などについて診察が必要になります。しかし、それ以外にも足の関節の感覚(位置覚と言います)が障害を受けていても歩きにくさにつながりますから、フワフワ感やふらふら感の訴えがなくとも、足の関節の感覚についても診察を行っています。

クリニック情報

<2020年2月1日から受付時間が変更となりました>

受付時間
午前診 9:30~13:00
※診療時間 9:30~13:30
予約
優先
午後診 17:00~19:30
※診療時間 17:00~20:00

※土曜日は予約患者さん優先ですので、予約なしで診察希望される方は、事前にお電話をお願いします。

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒630-8115 奈良県奈良市大宮町3-1-33 エクセレンスビル1F

お気軽にお問い合わせください

TEL. 0742-33-7830 FAX. 0742-33-2525
近鉄奈良線「新大宮」駅より徒歩約5分
JR大和路線「奈良」駅より徒歩約8分

医院周辺は一方通行がありますのでご注意御願いします。
特に、医院前面の道は南から北への一方通行になっております。

駐車場完備

下記二カ所が当院の駐車場となります

  • 当院入居建物南側 6番・13番
  • サンガレージ(医院前面道路北側突き当たり) 21番・22番・35番
    ※駐車スペースを間違えないでください。近隣へのご迷惑になりますので。
    ※近隣住民のご迷惑にならないように契約駐車場以外には駐車しないで下さい。
  • 当院契約駐車場以外に駐車された方は受付にその旨を話して下さい。
  • 近隣のコインパーキングについて。当院前面道路を北に進み、T字路を左方向(西方向)へ進むとある交差点があります。その交差点を進み、すぐ右手に『タイムズ』があります。進んで左手の両方に別の駐車場もあります。
PAGETOP
Copyright © 2021 おおまえ医院 All Rights Reserved.
診察予約はこちら診察予約はこちら ページTOPへ戻る